piyopiyo diary

幸せまで五十歩百歩。

24 Feb 2021 晴れ

オンラインの研究会と、マシン室作業。 Aさんに手伝ってもらって、起動しなくなったサーバを外してラックを整理した。 生き残っている2台はちゃんと再起動してくれた。 かれこれ10年動いてるのだからたいしたものだ。 床下のLANケーブルの整理はちょっと諦めモード。

ベンジャミン・ブラック「ダブリンで死んだ娘」読了。 「長いお別れ」の続編を書いた作家ということで、ミステリーの代表作を読んでみた。 プロットも描写も良いのだけど、読後感がすっきりしないのは、どの登場人物にも思い入れできないからなのか。 なんというかやるせないストーリー。

23 Feb 2021 晴れ 天皇誕生日

風の強い日。 北風だし春一番は既に吹いてるので、これはただの強風。 また数日少し冷え込むらしい。

コード実装を進めようと思ったけれど、なかなか捗らず。 なんかひどい肩こりっぽい感じで後頭部が痛い。 ストレッチしよう。

チャンドラー「ロング・グッドバイ」(村上春樹訳)読了。 清水俊二訳「長いお別れ」は私のベストミステリだけど、久しぶりに読み返したくなって、買ったままになっていた新訳を読んでみた。ストーリーは素晴らしいとしか言いようがない。 そして良い場面や表現が気になるところでは、二つの訳を比べる楽しみがある。 清水訳では省略されている文があるということで、その辺りも興味深い。 総じて村上訳の方が15%くらい分量が多く、親切な訳文で読みやすいのだけど、清水訳により濃く感じる詩情と、切り詰められた表現の歯切れの良さに魅力を感じる。 もちろん最初に出会って長く親しんだということはあるが。 原書でも読まないといけない気がしてきた。

22 Jan 2021 晴れ 猫の日

会議を聴きながら、ファイルサーバのデータのバックアップを取ったりしてた。 時間の見積もりを間違えてて、辻褄合わせが大変。 水曜日はマシン室作業で重い物を扱うので、腰を痛めないように注意。 夕方共同研究者とskypeで打ち合わせ。

茨城県独自の緊急事態宣言は今日までで解除になり、対策Stage 2となった。 県としては山を越えたというところだけど、都内などはまだ緊急事態宣言が続いている。 記念病院でクラスターが出たりもしてるので、油断は禁物。 ワクチンが広く行き渡るまでは気を緩めずに頑張ろう。

昨日買った本、著者を間違えて買ってしまったのがあった。 少し酔ってたとはいえ、届いてから気づくのもどうかと思う。 内容は面白そうなので、きっと読む運命だったのだろう。

21 Feb 2021 晴れ

携帯からスマートフォンにした時に付いたポイント(2月末期限)が15000円分くらい残っていたので、amazonで15000円の本を一冊買うか、バラバラに何冊か買うか悩んだ末に、結局分けて10冊買うことにした。 15000円の本もとても読みたかったのだけど、結局読めないうちに次の版が出る気がしたので。 そういうことが割とよくある。 せっかくだから、買った10冊は早く読まなければ。

20 Feb 2021 晴れ

絶好のジョギング日和なので、昼前に 9 km。 左足首はテーピングで固めて、多少の痛みはあるものの、走るのに支障はない程度。 こんな天気の日には、筑波山のふもとまで走ると気持ちいいだろうなー。